アランの上に座りたいルンルン

Youtube

アランが寝ていたので上に座ってボスをアピールするルンルンです。アランは逆らわず大人しく従いました。

RunRun is sitting on Alain. She indicated she was a boss.

我が家の序列ではルンルンがボスでアランが格下です。アランはオスで力も強いのですがこの序列は変わることがなくルンルンが主導権を握っています。ルンルンの方が先住犬でお母さんのようにアランを育ててくれたせいかアランがルンルンに逆らう事はありません。

ルンルン、アランの上に座る Great Pyrenees グレートピレニーズ
新年の再教育をするルンルンと大人の対応をするアラン Great Pyrenees グレートピレニーズ

ルンルンは自分がボスだとアランに教えるために定期的にマウントします。ケンカをしているわけではなく上下関係を示しているようです。

ルンルン上下関係をアランに再教育する Great Pyrenees グレートピレニーズ

アランがドッグショーで不在になったり、ルンルンがヒート(発情期)で一定期間アランと別居したりし会わない期間があった後は必ずルンルンがマウントをしてボスを主張します。

新年の再教育をするルンルンと大人の対応をするアラン Great Pyrenees グレートピレニーズ

犬の社会は縦社会なので必要な行為なのかもしれません。我が家のように多頭飼いしているとこういった上下関係を先輩犬が教えてくれるため社会性のある犬になり易いそうです。

2頭だと大変…と思いがちですが2頭なら1頭に比べてそこまで負担は増えません。3頭になると色々と大変になるみたいです。もしグレートピレニーズを飼う時は思い切って2頭飼うのも良いかもしれません。4歳ぐらいとベビーぐらいの歳の差だと上の子が下の子を教育してくれるのでオススメだそうです。

ルンルンは9歳になりましたが、まだまだ元気でボスを続けるみたいです!

終わり


タイトルとURLをコピーしました