プロのオヤツ交渉犬ルンルン…敗北を知らない…

Youtube

ジッと見つめたり、一旦外へ行きまた戻ってきたり、あの手この手を使ってオヤツ交渉をするルンルンです。

RunRun never gives up eating dog snacks.

オヤツに目がないルンルンはお母さんがキッチンに入ると即座にオヤツ交渉に入ります。最初の3つまでは直ぐにもらえるのですが、そこからどのぐらい引き出せるかはルンルンの腕にかかっています。基本的な戦法は視線のレーザービーム、それでもダメな時は一旦外へ行き戻って来るという時間差攻撃を使います。なかなかやり手のルンルンです。

教えたわけでは無いのですが、アランはオヤツの時にお手をするようになりました。お手をするとオヤツがもらえる事を覚えたようです。アランはアランで賢くてお手をしてもオヤツがもらえないシチュエーションだとお手はしません。人間がオヤツを持っているかどうか判断してお手をしているようです。

ルンルンはお手はしません。ルンルンの場合、お手をしなくてもオヤツがもらえるのでお手はする必要が無いと思っているのかもしれません。無制限にオヤツをあげてしまうと太ってしまうため、オヤツはお母さんとお父さんしかあげません。ルンルンも3つ+おまけの1つ程度が打ち止めと理解しているようです。

オヤツは主にみちのくファームさんの鹿ジャーキーや鹿チップを与えています。とても喜んで食べます。

みちのくファーム
https://www.michinokufarm.jp/

穴掘りを再開し、オヤツ交渉も再開したルンルン。スッカリ元気になりました。

終わり

タイトルとURLをコピーしました