【後編】野沢菜漬けを監督したルンルンとアランとベルです

Youtube

【後編】野沢菜漬け2日目です。ルンルン、アラン、ベルが見守る中で漬け込み作業をしました。野沢菜漬けが終わるといよいよ季節は冬へ向かいます。

[Part 2] While RunRun, Alain, and Belle are watching, we pickle Nozawana. When the Nozawana pickles are finished, winter finally arrives in Japan.

野沢菜漬けの漬け込み作業をしました。野沢菜は刈り取った後に一晩低温の中で凍みさせるとしんなり美味しくなると言われています。今年はまだ凍みるほど寒くはありませんでしたが、一応刈り取り後に一晩置いてから漬けました。

前編

我が家ではシンプルな塩漬けと醤油ベースのたまり漬けの2種類を漬けています。今年は最初から刻んだたまり漬けも1樽漬けてみました。長野県の南の方では漬け込む段階で刻んで着ける事があるようで試しにやってみました。

野沢菜漬けは町の家で漬け込み作業をして、一晩置いてお菜が水に浸かるぐらい水が上がったら山の家に移動します。山の家で作業しても良いのですが、町の家の方が作業しやすいため一通り作業がおわったら山の家に移動しています。

漬け込んだ野沢菜は1週間ほどで食べ始めます。だいたい年明けの2月ぐらいまで食卓に並ぶ量です。最初のうちは浅漬で、2月頃には古漬けになりしっかり使った濃い味になります。時期によって味の変化も楽しむことができます。

野沢菜漬けが終わるといよいよ季節は冬へ向かいます。長野県の季節の風物詩野沢菜漬け。家族イベントとして可能な限りこれからも続けたいと思っています。冬はグレートピレニーズが一番活発な季節。ルンルン、アラン、ベルにとって良い冬になれば良いなと思います。

おわり

タイトルとURLをコピーしました